新着情報

成田 守正

69歳で、父はなぜ、どこへ失踪したのか?

光の草
祈りと救済の文学!
成田守正

光の草

69歳で、父はなぜ、どこへ失踪したのか?
反目した父親の失踪から13年。50歳を過ぎた銀行員がわが道を振り返って目にした衝撃の事実――父子相克からの救済の道程を描く「光の草」。
グリコ・森永事件の模倣犯になって破滅した男の心を蝕んだ“サラリーマンの帰属意識”に迫る「サバーバンスカイ」。
離婚で生別した父と子に待ち受けていた運命の悲痛を綴る「風と流木」。
三編を収録。

続きを表示

  • facebook

著者別一覧

メールマガジン好評配信中!

PAGETOP
Copyright © 株式会社風雲舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.