+------------------------+
風雲斎のひとりごと No.86(2020.8.9)
+------------------------+
このメールマガジンは、これまで風雲舎とご縁のあった方々に発信して
おります。よろしければご一瞥下さい。ご不要の方は、お手数です
その旨ご一報下さい。文末にも解除リンクがあります。

———————————–
コロナ、大丈夫ですか?
———————————–
ぼくにも、「おや、ヤバイかな……?」という瞬間が何度かありました。
とりわけ3月中旬まで、ぼくはコロナ感染で名を馳せた東京台東区永寿
病院の患者(糖尿病)だったこともあって、「おれ、感染しているんじゃないか」
と内心ブルっていました。
でも、しぶとく、大過なく生きています(と信じています)。

この間困ったのは、友人に会えないこと。これはつらかった。
飲めない、愚痴を吐き出す相手がいない。
イライラが募り、自宅→会社→自宅→会社の繰り返し。
大活躍したのが、わが社のぼろソファ。
打ち合わせはもとより、飲むにも、近所のお惣菜屋さんから仕入れて、
このソファで飲む。安い、静か、相手の話がよく通じる――
飲むスタイルが様変わりしそうです。

8月新刊のご案内です。

↓ 帯津先生のお写真も掲載
https://www.fuun-sha.co.jp/

—————————————————————————–
白隠さんの『延命十句観音経』を読む
『汝のこころを虚空に繋げ――虚空は「いのち」だから』
帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)著
(四六ソフト版 224ページ 定価1500円+税)
——————————————————————————

帯津先生にとって『延命十句観音経』は、おなじみのお経です。
その名のとおり、わずか十句。文字数にして42字。2、3分で読めます。
これを、帯津先生は毎朝5時ごろ、シーンと静まり返った院長室で
一人大声で唱えます。

帯津先生と白隠さん(1685~1768)とのご縁は古く、西洋医学
に疑問を持ち、気功や呼吸法に興味を感じた40歳ぐらいの頃、白隠さん
に出会い、そこで「虚空」を知ります。

白隠さんの人生は苦悩の連続でした。
地獄に落ちる恐怖、厳しい修行、富士山の大噴火、大飢饉、難治の病、
ようやく治ったと思ったら、今度は弟子たちが病に倒れ……さて、どう
乗りきろうか?
弟子たちや、庶民のために遺したかったもの、それが、
「『延命十句観音経』を読め。そうして「虚空」に繋がれ」
というメッセージでした。

————————————————————
病気が治るとか治らないとかは、ささいなこと
————————————————————

――病気が治るとか治らないとか、生きるとか死ぬとか、そんなことはささい
なこと。私たちは虚空からやってきて、虚空に帰っていく存在。虚空は「いのち」
の故郷。生きる目的は虚空と一体になること。
生きながらにして、虚空と一体になるくらいの覚悟で修行しなさい――

そんな白隠さんの檄を、帯津先生はわが身のこととして受け取ります。
「病気を治すことが、生きる目的になっていないだろうか?」
「仕事や、目の前の問題にとらわれて、大事なものを見ないようにしていない
だろうか?」
「人生の目的をどこにおけばいいのだろうか?」

虚空とは、生命の根源である完璧なエネルギーの源。
生きとし生けるものすべての大いなる「いのち」そのもの。

虚空とパイプが繋がれば、虚空のエネルギーがどんどん流れ込んできて、
自然治癒力が大いに働き始め、あらゆることがいい方向に流れ始める、
――と帯津先生はとらえ、また新しい活力をもらいます。

「なぜ生きているんだろう?」
「この世で何をしたいのだろう?」
そんな問いを発する人が多くなった、と帯津先生は言います。
そんな問いが浮かぶことは、虚空と繋がりはじめたしるし、とも。

ホリスティック医学だけではまだ足りない、素粒子から虚空まで、「場の階層」
すべてを網羅する「大ホリスティック」へ向かう84歳の帯津先生
日々進化しています。
元気が出ます。どうぞご一読ください。

https://www.fuun-sha.co.jp/

———————————————
『愛まく人』もうお読みですか?
——————————————–
“アセンションする弁護士”秋山佳胤さんの
『愛まく人・次元を超えて』(小社6月刊)が好調に売れています
ある日、へえと驚くような書評が現われました。
(書評氏にお許しをいただき、以下掲載します。ご一瞥ください)

全文はこちら↓
https://starpeople.jp/book-cd-movie-dvd/20200629/11771/

――優しく精妙なエネルギーを放つ一冊――

いつものように棚の前でどんな新刊が出ているのか、全体を見回していた時のこと。
「売れたい」と自己主張している多くの新刊が貴重なスペースで陣取り合戦をしている中、黄色いカバーで真ん中に太陽を思わせるような絵が描かれている一冊が目に飛び込んできた!
なぜか氣になったその本からは、優しく精妙なエネルギーが放たれているようだった。周囲に大量に積まれている他の新刊とは、明らかに異なった波動だ。
そこで、何氣なく手に取ってみたのだが。

『愛まく人 次元を超えて』というタイトルに、“不食・不争の弁護士”はなぜ、どのように変身したか? と添えられた表紙の言葉。著者は、秋山佳胤さんだった。

著者の現在までの人生の旅路が描かれているのが、本作『愛まく人』。
日経新聞で64年もの長きにわたって連載中の「私の履歴書」という読み物があるが、その秋山佳胤さん版とでも言えばいいのだろうか(笑)。

それまでは普通の弁護士だった著者が、その頃を境にして大きくジャンプし始めていくのだ。
自分の軌跡を見てわかったのは、どれもこれも私にとって必然だったことです。
出会った人たち、精霊たち、ハプニング、もの・こと。すべて天から贈られたギフト、または試金石でした。
転ぶなら転べ、超えられるなら超えていけ、のようなお試しでした。(本文より)

このようにして、著者の「内なる神」が何者かに惹かれるように目覚めていく過程が克明に描かれている。

世界中がコロナウイルスのパンデミックで大変な状況に置かれているこのタイミングで本書が発売されたことには、何か大きな意味があるのではないだろうか。
「果たして、このままの生き方でいいのか?」
「自分を変えたい!」
そう感じている人たちが、かなり増えているのではないだろうか?

本書に描かれている著者の人生の旅路は、どんどんステージが変容していくのだが、「これからの自分の人生を変えたい!」と願う人たちにとって、とても参考になるように感じられる。
それはあたかも、次の時代の生き方を見せてくれているようだ。

コロナウイルスが原因で自身の将来について模索しているとすれば、それは実は、またとないチャンスの到来なのかも知れない。

いままさに地球自体がアセンションの真っ最中と言われます。
秋山さんは一足早く、新たな時代を予見し、私たちよりもアセンション(次元上昇)を体現している人なのかも知れない。
今、この大変な時期だからこそ、この本を必要とする人たちはきっとたくさんいるに違いない。なぜなら、本書には新たな時代を読むためのヒントが凝縮されているからだ!

全文はこちらより
https://starpeople.jp/book-cd-movie-dvd/20200629/11771/

スターピープルオンライン 2020年6月29日(丹波-浪速道)
『愛まく人 次元を超えて』
秋山佳胤著/風雲舎
本体1,800円+税

https://www.fuun-sha.co.jp/?p=3657

(この号終わり)

転送歓迎。ご意見・ご批判も歓迎。
このまま返信いただければ風雲斎に届きます。

弊社ホームページからの注文は、送料無料です。

https://www.fuun-sha.co.jp/

「代引き」の場合には、代引き手数料(265円)が自己負担となります。
「代引き」と指定しないほうがお得です。
どうぞ宜しくご愛用下さい。

***************************************
(株)風雲舎 担当 山平松生
〒162-0805
東京都新宿区矢来町122 矢来第2ビル5F
TEL 03-3269-1515 FAX 03-3269-1606
URL https://www.fuun-sha.co.jp/
E-mail mail@fuun-sha.co.jp
***************************************