+------------------------+
   風雲斎のひとりごと No.75(2018.3.24)
+------------------------+
このメールマガジンは、これまで風雲舎とご縁のあった方々に発信して
おります。よろしければご一瞥下さい。ご不要の方は、お手数ですが
その旨ご一報下さい。送信リストから外します。

—————————-
“天の声を聴く”詩人
—————————-
風雲舎の新刊
『ぼくはエネルギー体です』
ができました。
著者は、(天の声を聴く詩人)神原康弥さん。
(ISBN978-4-938939-92-2)
(4月5日発売 定価・本体1400円+税)

神原康弥さんは25歳の青年。
2歳半のとき、「脳症」と宣告されました。
以来、動けない、しゃべれない。
重度の障がい者。
だから、自分で自分をダメ人間だと思っていたようです。

でも、彼はこんなことができます。
浮遊霊とよく会話した。
妖精や精霊と会話できる。
「あそこに行こう」と思って意識を集中すると、そこへ飛ぶ。
時間も空間も超えて、あっちこっちへ飛ぶのです。

こうして「宇宙根源」と出会ったり、
昔の偉い人や、著名人の声も聴きました。
エネルギー体となって、宇宙へ飛び出すのです。
退屈しのぎに、10年後、100年後の世界も見てきました。
そのうちだんだん、宇宙のことや、地球や人間のことがわかってきました。

見てきたことを人に話すと、
「へえ、そうなの」と聞いてくれる人が増えました。
相談事も増えました。
誰かにを相談されると、著者はその人の魂と会話します。
魂のほうが、本人の事情に詳しいことが多いからです。
魂と会話すること、それが「リーディング」です。
魂に聞いた内容を本人に伝えると、なるほどと納得してくれます。

こうしてセミナーや講演会で話すことが多くなりました。
本人はしゃべれないから、指談という方法で、意思を伝えます
(通訳はお母さん)。
もうダメ人間ではありません。
彼の言葉はとても深く、
宇宙的な叡智に溢れています。

——————————
魂と会話する人たち
—————————–
彼とは4回ほど会いました。
いつも不思議だなと思うのですが、
こういう人は、相手の目をあまり見ません。
目の上、頭のほうを見ています。
こういう人には注意しなければなりません。
言葉ではなく、魂と会話しているからです。

ぼくがうんと影響を受けた井深大さんは、ぼくがべらべら現世的な
欲求をしゃべると、「あんたのやることはそんなことじゃないだろう」
と、ぼくの頭のほうを見ながら、たしなめてくださいました。

小林正観さんというおっかない人は、ぼくがお金に困っていることを
見抜いて、「ほら、これを使って」と、大枚をポンと貸してくださいました。

並木良和さんというヒーラーもそうでした。
何か事があると、じっと僕の頭のほうを注視し、そのうえで、
「こういうことになってますよ」とか、「神さまが怒ってますよ」などと
つぶやくのです。エドガー・ケイシーもそういう人でしょう。

こういう人たちは、言葉ではなく、その人の本音、その人の魂と会話して
いるに違いありません。口から出る言葉なんてあてにならないことを知って
いるせいでしょう。

思い出すのは、大本教の出口王仁三郎の例です。
(どこかで以前書いたことがありますが)当時、文壇で名を馳せつつ
あった若い文学者、川端康成と今東光が、クソ生意気な坊主をとっちめて
やろうと二人で王仁三郎のところに押しかけて行った。
対面してすぐ、王仁三郎は、そっちの大きなほう(今東光のこと)は、
親父がこれこれで、先祖がこうで、いま君の財布にはこれこれのお金が
入っている――と見抜き、そっちの小さなほう(川端康成)は、こうこう
だと洗いざらいをぶちまけます。二人はほうほうの態で逃げ出しました。

魂は当人の悩みはむろん、秘め事、隠し事を知っています。そればかりか、
遠い先祖のことも熟知しています。かりにぼくが神原康弥さんの前で、
あれこれうそをついても、彼は一瞬にして見抜くでしょう。
事実、ぼくはそういう嘘をついて、痛い目にあったことがあります。

というわけで、
天の声を聴く詩人・神原康弥著
『ぼくはエネルギー体です』
を、良かったらご覧ください。
ありがとうございます。
(今号終わり)

転送歓迎。ご意見・ご批判も歓迎。

弊社ホームページからの注文は、送料無料です。
「代引き」の場合には、代引き手数料(260円)が自己負担となります。
「代引き」と指定しないほうがお得です。

どうぞ宜しくご愛用下さい。
http://www.fuun-sha.co.jp/

***************************************
(株)風雲舎 担当 山平松生
〒162-0805
東京都新宿区矢来町122 矢来第2ビル5F
TEL 03-3269-1515 FAX 03-3269-1606
URL http://www.fuun-sha.co.jp/
E-mail mail@fuun-sha.co.jp
***************************************