+------------------------+
   風雲斎のひとりごと No.71(2017.9.9)
+------------------------+
このメールマガジンは、これまで風雲舎とご縁のあった方々に発信して
おります。よろしければご一瞥下さい。ご不要の方は、お手数ですが
その旨ご一報下さい。送信リストから外します。

ご無沙汰です。
ずいぶんさぼっていました。
——————————————————————–‐
『あなたは私 私はあなた――みんな繋がっている』
———————————————————————-
という新刊ができました。
(9月中旬発売 ISBN978-4-938939-90-8 定価1600円+税)

気功家・清水義久さんが「語り」、山崎佐弓さんが一年間追っかけ
「聞き書き」しました。タイトルは以下のような意を表しています。

あなたが苦しんでいると私も苦しい。
あなたが楽しいと私も楽しい。
あなたは私、私はあなた。
みんな繋がっている。

――あなたの心には、アインシュタインの、ゴッホの、モーツアルト
の、つまり全人類の記憶がそのまま共有されている。ユングはこれを
「集合的無意識」と呼び、宮沢賢治は「世界全体が幸福にならない
うちは、個人の幸福はあり得ない」と言った。みんな繋がっている!

内容はこんな具合です。
★気の体 ★チャクラはあなたの命を守っている ★包み込みの発想 
★千年続く会社★北野武さんが気づいたこと ★神の資本論 
★すべては繋がっている ★どん底から立ち上がる方法 ★イチロー
の小周天の力 ★大野将平選手の大周天 ★モモは能力者だった 
★無敵のマントラ「オン シュダ シュダ」 ★ホワイトブックのすすめ 
★あなたは私、私はあなた ★想像は創造の始まり(ほか)。

それぞれ清水さんの「気」がほとばしっていますが、風雲斎が、なる
ほどと感じたのは、以下のところです。

気を使ってみる――人にはにっちもさっちもいかない時がある。どう
したらいいだろう。あなたの意識を書き換える究極の方法がある。た
った一日でいいから、騙されたと思ってやってみるといい。
町の雑踏に立つ。いろんな人が通り過ぎていく。この人は貧乏そうだ
な、つらそうだな、独りぼっちだな、仕事がなさそうだな、悲しそう
だな――と分かる。病気だと感じた人には「健康になりますように」、
お金で困っていそうと思った人には、「仕事が成功しますように」、運
が悪そうな人には「幸(さち)あれ」と言葉に乗せ、天にその祈りを
送る。ポイントは、見ず知らずの人の幸せを祈ることだ。世界はあな
たと共に姿を変えていく(本文より)。

ふーん、やってみようと思いました。
新宿あたりの気の悪い雑踏の中で、まず半日ほど立って(ベンチに
座ってもいいそうですが)、通り過ぎる人に、気を送るという修行です。
元気を出せよ、しっかり稼げよ、幸せになれよ――と祈る。
これならやれそうだ。近日中に実行してみたい。
ポイントは、見ず知らずの人の幸せを祈ること。
相手ではなく、自分の何かが変わる――と清水さんは言います。

清水義久という異色の気功家の「気」パワーを感じてみてください。

———————————————————————
青木紀代美さんの『食に添う、人に添う』という本
———————————————————————
一年がかりで取り組んでいる本があります。
青木紀代美さんという風雲斎と同年代のご婦人。
安心安全な食べ物を求めて45年。
未熟児で生まれた一人息子のために“いい牛乳”探しから始まり、
コメ、味噌、醤油、卵(有精卵)、魚介類、果実など、毎日の食卓
に載せるまっとうな食材を求めて日本中を飛び回り、生産者と
直接話し込み、手で撫でまわし、匂いをかぎ、よしとなったら
それをみんな配る――。

その途上でたくさんの人と出会う。
すごい人がいる。
彼女にとって肩書や地位は関係なし。
この人はいい人か、正しいこと、まっとうなことを言っているか、
本質をついているか、志があるか――そんなことが瞬時にわかるそうです。
そういう人とはすぐ仲良しになる。
相手が東大の先生であろうが、皇室関係であろうが、ものさしは彼女
独自のそれ。ふと気が付くと、ものすごい人脈ができていた、という
ご婦人。

この人と出会って、ぼくの食生活が大変化。
こんな人が今でも生きているのか、と腰を抜かしました。
絶滅危惧種みたいな存在に感謝。
近々発売予定。

目下進行中の、
『潜在意識にスイッチ・オン』(酒井満)もいい調子。
『僕はスサノオだった』(木内鶴彦)もいい具合に進んでいる。
年内発売の予定です。

——————–
ひたすら読書
——————–
ゴルフ、マージャンはやめた、酒場通いもなし。
友だちとわあわあする機会も減りました。
すると、やることがない。
でも、あった。
やはり本だ。
読んでない本、面白いがいっぱいある。
いささか旧聞だが、この間熱狂して読んだのが、
中村彰彦『落花は枝に還らずとも――会津藩士秋月悌二郎』(中公文庫)。
涙を流し、二度三度、繰り返し読んだ。
帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)『天に星、地に花』(集英社文庫)も快作。
同じ著者の『生きる力――森田生馬の15の提言』(朝日選書)もすばらしい。
安彦良和『神武』(中公文庫)、
『日本精神史――自然宗教の逆襲・日本人とははたして何者か?』(阿満
利麿・筑摩書房)にもぐいぐい引き込まれた。

そうだ、僕も出版社のはしくれだ。
いい本をつくろう。

清水義久さんが師匠の矢山先生・船井幸雄さんから教わったという
マントラ、「良い人間になります。ありがとうございました」を毎晩唱える
ようになりました。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
風雲斎(今号終わり)

転送歓迎。ご意見・ご批判も歓迎。

弊社ホームページからの注文は、送料無料です。
「代引き」の場合には、代引き手数料(260円)が自己負担となります。
「代引き」と指定しないほうがお得です。

どうぞ宜しくご愛用下さい。
http://www.fuun-sha.co.jp/

***************************************
(株)風雲舎 担当 山平松生
〒162-0805
東京都新宿区矢来町122 矢来第2ビル5F
TEL 03-3269-1515 FAX 03-3269-1606
URL http://www.fuun-sha.co.jp/
E-mail mail@fuun-sha.co.jp
***************************************