+------------------------+
   風雲斎のひとりごと No.68(2016.12.28)
+------------------------+
このメールマガジンは、これまで風雲舎とご縁のあった方々に発信して
おります。よろしければご一瞥下さい。ご不要の方は、お手数ですが
その旨ご一報下さい。送信リストから外します。

—————–
ある忘年会
—————–
12月10日。帯津三敬病院・患者会の忘年会。
川越市、帯津病院の近所にある大野さんの家です。
この会は帯津先生が主催する会ではありません。先生はお客さま。
病院の患者さんが勝手に作ったフリーな集まり、それが「患者会」。
ガン患者たちの勝手連です。この日は年に一度の忘年会。ぼくも
出席させてもらいました。三回目です。

何とも形容のしようがない、素晴らしい集会。同郷人の集まり、
はらから(兄弟)の集まり、戦友たちの集まりのような懐かしさ。
胸にキュときて、ひとりでに涙が流れるような忘年会です。
40人ほどの患者さん(元患者も今の患者も)が集まり、戦友として
の紐帯感でしょうか、「おう、元気だったか」と互いを報じ合い、
無事今日あることを確認しています。積もる話、伝えたい話が
いっぱいあります。豪華な大物のタイ、タラ鍋、それぞれが持ち
寄った珍味、そして酒がずらりと並び、帯津先生や院長らが中央
に陣取って、やあ、ようと声が飛び交います。みんなの顔が朱に
染まり、遠方からの参加者はそのまま大野家に泊まりです。
 

ぼくが帯津さんの病院に通うようになって、かれこれ20年前。
その間、多くの人間に出会いました。こんなすごい人がいたのかと
意識したのが上記の大野さんです。ドキッとしました。大野さん
もガン患者。20年ほど前にガンが見つかり、回りまわって帯津さ
んに診察してもらうことで、何かが変わったようです。活況を呈
していた自分の工場を閉じ、帯津三敬病院の職員になります。気功
道場で入院患者の面倒を見、希望する人に枇杷の葉温灸を施し、
遠くからくる人には自宅を宿として提供し、早朝気功という、
近くの、森のある湖畔に行くときには、彼の大型バンに患者さんを
乗せて大活躍です。

といって彼は先頭で旗を振るのは嫌い。先人、先輩を立て、いつも
一歩下がってひっそりわきにいるような人。荒げた声を出すこと
もなく、忘年会では駅との往復に忙しく、自分の席すらありません。
バリバリ自営の仕事をこなし、しっかり営業成績を上げていた彼が、
なぜこうした方向転換をしたのか、それが僕の疑問でした。

ガンの日々の後、たぶん彼は人生のコ-スを切り替えたのです。
自分から他人へ。自社を切り盛りして稼ぐことから、他人をお世話
することへ。生き方の方向転換です。奥さんの了解なしに、こんな
切り替えは不可能でしょう。忘年会では奥さんがくるくる忙しそう
に、かつ喜色を見せて立ち働いていました。

大野さんにぼくの印象を伝え、よかったら書いてみませんかと執筆
をお願いしました。ややあって、やってみましょうとのご返事です。
こういう人が増えている、生き方をチェンジする人が多くなった――
というのが風雲斎の予感です。来春、刊行の予定です。

————————————-
酒井さんの「セルフハグ」
————————————-
酒井滿さんは10年来の友人。ユングの潜在意識、シンクロニシテ
ィ―に没頭すること30年。一見学者風ですが学者ではありません。
あるネットワークビジネスの日本代表。

彼から、一杯やろうと電話がありました。保江邦夫さんの「愛魂上げ」
(あいきあげ)を経験するとこれが面白い。仲間相手にその経験を重
ね、『喜びの人生を生きる』を著したアニータ・ムアジャーニさんの
セミナーで「自分をハグしてごらん」と言われてやってみた。これま
た面白い。さらにみんなと実験した。すごいこと、奇跡のような事態
が頻発するのに気が付いた――というご仁。
『自分をハグする、奇蹟が始まる』(仮題)は5月ごろ発行します。

————————
青木紀代美さん
————————
目下風雲斎が集中しているのが、青木紀代美さんという、消費者運動
40年、「食と子供の命を守る会」の会長さん。ようやく生まれた一
人息子が1600グラムの未熟児。息子が飲める安全な牛乳、卵を求
め駆け回っているうちに、米、醤油味噌、野菜、水など、食卓に載せる
安全な食とは何か、どこで、どういう風に、誰が作っているかが見え
てきました。空気が劣化し、水が劣化し、土が劣化し、食が劣化する
中で、どう自分の食と命を守るかに明け暮れた奮戦記録。彼女のガ
イドで「まっとうな食」にたどり着くと、そうか、まだこんなにい
い食が残っていたんだとホッとします。春先に出版予定。

———————–
これから出る本
———————–
●『ぼくはこんなことを考えてきた』(七沢賢治+山崎佐弓)――言霊、
伯家神道、ロゴストロン、そして水へと続く鬼才の歩み。
●『脳梗塞を乗り越える』(金澤武道著)――脳疾患専門医のカナザワ
・シロップは、脳疾患を乗り越える画期的な療法。
●『100万回のありがとう』(工藤房江著)――小社既刊『遺伝子
スイッチ・オンの奇蹟』(5刷り)の続編。ロス、サンフランシスコ講
演と忙しくなっているようです。身の周りでは、またまた不思議なこ
とが起きているそうです。
●『オークビレッジが作った家』(上野英二著)――稲本正の後を継
いだ新社長のでっかい夢。生粋の飛騨っ子。古の匠の技に新感覚を与
え、よだれの出る家づくりを核に、オークビレッジは若返ります。
●並木良和さん、清水義久さんなどが続きます。

—————————–
ある絵描きのひと言
—————————–
某月某日、お世話になっている絵描きさんと一杯。同伴者がいます。
これも日本画の女性の絵描き。一時間ほど飲み食いして、緊張がほぐ
れると、ぼくの顔をじっと見て初対面の彼女が「……つまりエロ爺さ
んね」と一言。そこには侮蔑も愚弄もなく、感じたままを素直に口に
した印象。対象を一瞥して、そのエッセンスを見抜く――本質を衝い
ているだけに、絵描きは怖い。本年掉尾を飾る必殺の一言でした。

本年はこれが最終回です。
お世話様でした。どうぞよいお年を。ありがとうございます。
風雲斎(2016・12・28)

転送歓迎。ご意見・ご批判も歓迎。

<10%引きのご案内>
このメルマガ愛読者に限り、引き続き風雲舎の本は、定価の10%引きで
お届けいたします(どれでも)。むろん送料は小社負担です。

ただし、「代引き」の場合には、代引き手数料(260円)
が自己負担となります。「代引き」と指定しないほうがお得です。

どうぞ宜しくご愛用下さい。
ご注文は弊社ホームページからに限ります。
http://www.fuun-sha.co.jp/
注文画面のご連絡事項記入欄に「メルマガ読者」とご記入下さい。

***************************************
(株)風雲舎 担当 山平松生
〒162-0805
東京都新宿区矢来町122 矢来第2ビル5F
TEL 03-3269-1515 FAX 03-3269-1606
URL http://www.fuun-sha.co.jp/
E-mail mail@fuun-sha.co.jp
***************************************