+------------------------+
風雲斎のひとりごと No.29 (2010.12.26)
+------------------------+

このメールマガジンは、これまで風雲舎とご縁のあった方々に
発信しております。よろしければご一瞥下さい。
ご不要の方はお手数ですが、その旨ご一報下さい。
送信リストからはずします。

――――――――
百姓をする友
――――――――
久しぶりの休日。
青い空がどこまでも広がっている。
身体を動かしたくなって、読みかけの文庫を手に車に乗る。
近所をうろうろしてから高速にのる。
百姓暮らしをしている友人のところへ行こうとふと思いつく。
アドレスも不明、道順もはっきりしないが、以前行った記憶がある。
留守なら留守でいい。
あてどのないドライブ――これも一興だろう。

迷いながら、やっと見覚えのある百姓家にたどりつく。
シーンと静か。人の気配がない。
「おーい、いるか、○○」とどなる。
間をおいて「おう」と応答があり
「……まあ上がれ」と。
数日前から逗留しているのだという。
友人はいわば“通い百姓”。
本宅から離れた山間のこの百姓家に通い、
気が向けばそのまま寝泊まりしているらしい。

ということはここには暮らしがある。
布団を上げ、家の内外を掃除し、飯を炊き、
1反歩(300坪)ほどの畑を耕し、作物を植え、
たくあんを漬け、日記を付けてやすむ――
そんな暮らしを10数年継続している。

友人は以前ある大手新聞社の出版編集者だった。
あれこれの書籍を精力的に出していた。
何を思ったか、定年を前に退職し、畑を耕す道を選択した。
なぜ定年前の退職なのか、なぜ百姓なのか。
友は言わない、僕も聞かない。

しかし百姓を選んだとはさすがである。
百姓することは、僕ら戦中派の秘かに欲するところであった。
土を踏み、畑を耕し、額に汗することは、遺伝子に刻まれており、
宮澤賢治や白樺派で育った世代にとっては、回帰すべき原点でもある。
友は宮仕えを棄て、さっさと好きな道を選び、それを実践している。
百姓か―――やるねえ。

ほかほかする畑の土の上を友と歩く。
友の手は、ずいぶん太く、たくましくなっていた。
300坪とはいえ山の急斜面にある耕作地は、一巡すると息が切れる。
こんなザマじゃ、ほうれん草一把、ダイコン一本作れまい。
回帰すべき原点もずいぶん遠くなったようだ。
葉つきの大根、ネズミ大根(辛みダイコン)を引っこ抜いてもらい、
さらに自家栽培のナメコ、里芋を頂戴し、いとまを告げる。感謝。

――――――――
中勘助の『島守』
――――――――
前後して読んだ『島守』(ちくま文学の森『心洗われる話』所載)
が面白かった。百姓暮らしではないが、信州・野尻湖に浮かぶ無人の
小島に、燈明をともす島守として中勘助がひとり住む記録だ。
島ごとひっくり返りそうな強風、風、雨、雲、鳥、小魚たち
――ひたすら自分との対話、読書と瞑想の日々。

こんな記述がある。
「きょうは曇。
飯綱にも黒姫にも炭焼の煙がたつ。
煙が裾曳くのは山颪(やまおろし)であろう」

「夜半、恐ろしい風の音に呼びさまされた。
いま人びとはみな眠って私ひとり覚めているのであろう。
私はこの島のなかにただひとりなることを思い
幸いにみちて眠りに入った」

「夜。雨。島のまわりを一本足のものが跳んであるく音がする。
なに鳥か闇のなかをひゅうひゅうと飛びまわる。
雨の音はなにがなしものなつかしい。
恋人の霊のすぎゆく衣ずれの音のように」

「夕。雨の小やみのひまを桟橋にゆく。
岡にも里にもたちこめた霧のたえまから濃い紅葉の色がみえて
人たちは雨にもめげず遅くまで稲を刈っている。
なごりおしくいつまでもいつまでも立ちつくす。
鳥もみんな帰った。
稲刈りの人も見えなくなって霧がそのまま闇になってゆく」

テレビの音はなし。ワアワア言い交わす音声もなし。
自然がつくる音以外にはなにもない。
そういう情景が、いいなあと感じるようになった。

―――――――――
加島祥造さんの便り
―――――――――
詩人の加島祥造さん気ままに発刊している「晩晴館通信」
という小冊子がある。ある号(61号)に目を見張った。
88才になる加島さんはこんなふうに言う。
「私は確かにボケてきた。
しかし囲碁や英語、絵など、自分の興味や楽しさにつながる能力は衰えて
いない。いや、大事な情報はむしろ冴えている。
脳の中心部と外縁部の働き――外縁部の知識を失いつつあるが、根幹脳と
情動脳のほうを大切にすればいいんだと感じている。
老子はそれを言いたかったのだ」

「歳をとって明確になってきたことがある」
「そうか、歳をとる喜びとはこういうことだったのだ」などと。
何か大きな真理をつかみつつある--。

論より証拠、加島さんはわが師でありながら、碁敵でもある。
これまで明らかに、わが方に分がありと自負していたが、
先日、4番続けて負けた。完敗だった。
戦い終えて、師はこうおっしゃった。
「君のは、ずいぶん余分な石が多いんだよ」と。
うーん、風雲齋もまだまだである。

今年読んだ本でサイコーに面白かった作品。
『小説「聖書」』(ウォルター・ワンゲリン 仲村明子訳 徳間書店)
聖書という巨大な山塊が、手練れの手で、長編小説となって立体化した。
文字どおり、息もつかず読まされました。これまた感謝。

今年1年、ありがとうございます
。 みなさまにとって、いい年でありますように――(今号終わり)

転送歓迎。ご意見・ご批判も歓迎(風雲齋)。

<10%引きのご案内>
このメルマガ愛読者に限り、引き続き風雲舎の本は、定価の10%引きで
お届けいたします(どれでも)。むろん送料は小社負担です。

ただし、「代引き」の場合には、代引き手数料(250円)
が自己負担となります。「代引き」と指定しないほうがお得です。

どうぞ宜しくご愛用下さい。
ご注文は弊社ホームページからに限ります。
http://www.fuun-sha.co.jp/
注文画面のご連絡事項記入欄に「メルマガ読者」とご記入下さい。

2010.12.26 風雲斎

***************************************
(株)風雲舎 担当 山平松生
〒162-0805
東京都新宿区矢来町122 矢来第2ビル5F
TEL 03-3269-1515 FAX 03-3269-1606
URL http://www.fuun-sha.co.jp/
E-mail mail@fuun-sha.co.jp
***************************************