ぼくが正観さんから教わったこと
愛弟子が見たその素顔と教え
高島 亮(「正観塾」師範代)著

ぼくが正観さんから教わったこと

大事なのは、実践ですよ。
「五戒」「う・た・し」、そして「感謝」。
それを日常生活の中で実践すること――
正観さんが教えてくれた最大のものは、それでした。

学校秀才が出会った異色の人
“何でも一番”の学校秀才は東大から一部上場企業へ進みました。人生は、順調に進むはずでした。しかし、どうしてもなじめないのです。ある出版社に転職した彼を待ち受けていたのは、小林正観という異色の人物との出会いでした。学校秀才の人生は、そこから180度変わったのです。

【本書の内容】

(はじめに)「私の運命」を運んできてくれた人
(1章)ユニークな人
(2章)現実的な精神世界
(3章)能力と人格の融合
(4章)すべてはものの見方次第
(5章)実践の三段階
(6章)日常生活が最高の道場
(7章)喜ばれる
(あとがき)「価値ある贈り物」としての正観さんの生涯

著者:高島 亮

発行年月日:2012年5月25日
コード:ISBN978-4-938939-68-7
四六判並製 208ページ
定価(本体1,429円+税)

本書の内容

「私の運命」を運んできてくれた人

「運命は、人によって運ばれてくる私の命」という言葉があります。
運命とは「運ばれてくるもの」であり、何によって運ばれてくるかというと、「人」に よって運ばれてくるというのです。つまり、人生は、人との出会いによって組み立てられて いるということです。
実際、人との出会いは人生を大きく変えることがあります。
坂本龍馬は、勝海舟と出会って大きく人生が変わりました。豊臣秀吉の天下統一は、織田 信長との出会いなくしてはありえませんでした。井深大さんと盛田昭夫さんとの出会いは、 ソニーという世界的な企業を生み育て、互いの人生を大きく展開させることへつながってい きました。
それは歴史に登場するような著名な人物だけに限りません。誰の人生も、さまざまな人と の出会いによって組み立てられ、人とのご縁の中で展開し、運ばれていくものです。誰と出 会うかによって、運命は大きく左右されます。誰と縁を結ぶか、誰と過ごすかによって、人 生自体がまったく違ったものになるといっても過言ではありません。
ぼくの人生を大きく変えてくれたのは、「小林正観」という人でした。
小林正観さんは、六十冊余りの著書や年間三百回を超える講演を通じて、多くの人々にも のの見方や考え方、生き方を伝えました。そして、伝えるだけでなく自らその実践を重ねな がら、「いかに生きるか」を示し続けました。その教えによって人生が変わったという人は 膨大な数にのぼります。
「人生、我以外みな師」という言葉がありますが、ぼくもこれまでさまざまな人からたくさ んのことを教わってきました。でも、小林正観さん以上に影響を受けた人はいません。子ど ものころから自らの力で人生を切りひらこうとしてきたぼくに、まったく違う見方や価値観 を教えてくれたこの人物との出会いによって、ぼくの人生の進む方向は大きく変わったので す。ぼくが最も多くを教わり最もお世話になったのも、冒頭の「運命は、人によって運ばれ てくる私の命」という言葉を教えてくれたのも、小林正観さんでした。
その正観さんが亡くなってもう半年が過ぎました。
日々の仕事に忙しく対応しながらも、正観さんと過ごした時空間を、ぼくはいつも反芻(はんすう)していました。それがいつも頭のどこかでジーンと鳴り響いているのです。風雲舎の山平松生 社長より「小林正観さんのことを本にまとめてみないか」という提案をいただいたとき、ぼ くは小林正観さんとのこれまでを振り返ってみようと思いました。この十五年間にどんなこ とがあったか、そして、ぼくの人生はどう変わってきたのか。いったいぼくは何を見て、何 を学び、何を教わってきたのかをじっくりと考えました。
それは自分自身の歩みを確かめる作業でもありました。それだけではなく、これまでの歩 みを確かめることが、この先の人生への架け橋にすることでもありました。
小林正観さんの講演会を主催する者の一人として、その講座「正観塾」の師範代として、 そして一人の人間として、ぼくが正観さんから教わってきたことを書きました。この本を手 にしてくださった読者にとって、何か一つでもプラスになるものがあれば幸いです。
正観さんはじめ、「私の命」を運んできてくれたすべての存在に感謝をこめて……。
(「はじめに」より)

新しく会社を立ち上げる

「『き・く・あ』(『きそわない・くらべない・あらそわない』)というコンセプトで、そういう生き方や考え方をしている人を招いて、講演会やセミナーをするといいですよ」
「はあ……」
「有名か無名かは関係ありません。『き・く・あ』な生き方をしているかどうかだけで講師を決めるのです。世の中には、『競う・比べる・争う』という価値観で、人より抜きん出ることを目指すセミナーを主催する会社はたくさんあります。いわゆる自己啓発セミナーは、そういうものがほとんどです。その方向性は、人を壊します。その方向に進んで行っても、幸せはありません」
「なるほど……」

「著者略歴」

高島 亮(たかしま・りょう)

1967年新潟県生まれ。東京大学文学部卒。大手化学メーカーを経て、精神世界専門の出版社に転職。精神世界と現実世界の融合の大切さを痛感。両者のバランスのとれた生き方を模索するなかで、小林正観氏に出会い、2000年(株)「ぷれし~ど」を設立。代表取締役。小林正観氏の教えを伝える「正観塾」師範代。セミナーや講演会の主催、さらに自らの語りを通じて、“毎日を楽しく豊かなものにする”ためのきっかけやヒントを提供している。

「ぷれし~ど」http://www.pleaseed.com/